論文等リスト

雑誌論文

[1] 管理者が安全に交替できる学内ホスティングサービス
土屋 雅稔
電子情報通信学会論文誌, Vol.J95-B, No.10 (2012)

[2] Class-based n-gram Language Model for New Words using Out-of-Vocabulary to In-Vocabulary Similarity
Welly Naptali, Tsuchiya Masatoshi, Seiichi Nakagawa
IEICE Transaction on Information and Systems, Vol.E95-D, No.9 (2012)

[3] Topic Dependent Class Based N-Gram Language Model
Welly Naptali, Tsuchiya Masatoshi, Seiichi Nakagawa
IEEE Transactions on Audio, Speech and Language Processing, Vol.20, No.5 (2012)

[4] ポーズを考慮した話し言葉言語モデルの構築
太田 健吾, 土屋 雅稔, 中川 聖一
情報処理学会論文誌, Vol.53, No.2, pp.889-900 (2012)

[5] Extracting Concerns and Reports on Crimes in Blogs
Yusuke Abe, Takehito Utsuro, Yasuhide Kawada, Tomohiro Fukuhara, Noriko Kando, Masaharu Yoshioka, Hiroshi Nakagawa, Yoji Kiyota, Masatoshi Tsuchiya
Active Media Technology, Vol.6335, pp.498-509 (2010)

[6] Topic Dependent Language Model with Voting on Noun History
Welly Naptali, Tsuchiya Masatoshi, Seiichi Nakagawa
ACM Transactions on Asian Language Information Processing, Vol.9, No.2, pp.1-31 (2010)

[7] Privacy protection for speech signals
Kazumasa Yamamoto, Tsuchiya Masatoshi, Seiichi Nakagawa
Procedia Social and Behavioral Sciences, No.2, pp.153-160 (2010)

[8] 認証基盤と連携したメールホスティング環境の構築
土屋 雅稔
学術情報処理研究, No.13, pp.5-16 (2009)

[9] Word Co-occurrence Matrix and Context Dependent Class in LSA based Language Model for Speech Recognition
Welly Naptali, Masatoshi Tsuchiya, Nakagawa Seiichi
NAUN International Journal of Computers, Vol.3, No.1, pp.85-95 (2009)

[10] 日本語講義音声コンテンツコーパスの作成と分析
土屋 雅稔, 小暮 悟, 西崎 博光, 太田 健吾, 山本 一公, 中川 聖一
情報処理学会論文誌, Vol.50, No.2, pp.448-459 (2009)

[11] フィラー予測モデルに基づく話し言葉言語モデルの構築
太田 健吾, 土屋 雅稔, 中川 聖一
情報処理学会論文誌, Vol.50, No.2, pp.477-487 (2009)

[12] 中間言語を用いたインドネシア語-日本語対訳辞書の拡充
土屋 雅稔, 脇田 敏行, Ayu Purwarianti, 中川 聖一
自然言語処理, Vol.15, No.5, pp.23-43 (2008)

[13] A Machine Learning Approach for an Indonesian-English Cross Language Question Answering System
Ayu Purwarianti, Masatoshi Tsuchiya, Seiichi Nakagawa
IEICE Transaction on Information and Systems, Vol.E90-D, No.11, pp.1841-1852 (2007)

[14] 日本語機能表現の自動検出と統計的係り受け解析への応用
注連 隆夫, 土屋 雅稔, 松吉 俊, 宇津呂 武仁, 佐藤 理史
自然言語処理, Vol.14, No.5, pp.167-197 (2007)

[15] Chunking and Dependency Analysis of Japanese Compound Functional Expressions by Machine Learning
Takehito Utsuro, Takao Shime, Masatoshi Tsuchiya, Suguru Matsuyoshi, Satoshi Sato
Text, Speech and Dialogue: 10th International Conference, TSD 2007, Vol.4629 (2007)

[16] Indonesian-Japanese Transitive Translation using English for CLIR
Ayu Purwarianti, Masatoshi Tsuchiya, Seiichi Nakagawa
自然言語処理, Vol.14, No.2, pp.95-123 (2007)

[17] 機械学習を用いた日本語機能表現のチャンキング
土屋 雅稔, 注連 隆夫, 高木 俊宏, 内元 清貴, 松吉 俊, 宇津呂 武仁, 佐藤 理史, 中川 聖一
自然言語処理, Vol.14, No.1, pp.111-138 (2007)

[18] 日本語複合辞用例データベースの作成と分析
土屋 雅稔, 宇津呂 武仁, 松吉 俊, 佐藤 理史, 中川 聖一
情報処理学会論文誌, Vol.47, No.6, pp.1728-1741 (2006)

[19] Query Transitive Translation Using IR Score for Indonesian-Japanese CLIR
Ayu Purwarianti, Masatoshi Tsuchiya, Seiichi Nakagawa
Information Retrieval Technology, Vol.3689, pp.565-570 (2005)

[20] 辞書定義文の圧縮による定義表現パターンの発見
土屋 雅稔, 黒橋 禎夫, 佐藤 理史
人工知能学会誌, Vol.17, No.4, pp.420-430 (2002)

[21] Automatic Discovery of Definition Patterns Based on the MDL Principle
Masatoshi Tsuchiya, Sadao Kurohashi
Progress in Discovery Science, pp.284-295 (2002)

[22] 確率的モデルによる仮名漢字変換
森 信介, 土屋 雅稔, 山地 治, 長尾 真
情報処理学会論文誌, Vol.40, No.7, pp.2946-2953 (1999)

国際会議・ワークショップ

[1] Development of large vocabulary continuous speech recognition system for Mongolian language
Seiichi Nakagawa, Turmunkh Erdenebat, Hiroshi Kibishi, Kengo Ohta, Yasuhisa Fujii, Masatoshi Tsuchiya, Kazumasa Yamamoto
Proceedings of The third International Workshop on Spoken Languages Technologies for Under-resourced Languages (SLTU'12) (2012)

[2] Developing Partially-Transcribed Speech Corpus from Edited Transcriptions
Kengo Ohta, Masatoshi Tsuchiya, Seiichi Nakagawa
Proceedings of the 8th International Language Resources and Evaluation (LREC2012) (2012)

[3] Detecting Japanese Compound Functional Expressions using Canonical/Derivational Relation
Takafumi Suzuki, Yusuke Abe, Itsuki Toyota, Takehito Utsuro, Suguru Matsuyoshi, Masatoshi Tsuchiya
Proceedings of the 8th International Language Resources and Evaluation (LREC2012) (2012)

[4] Detection of Precisely Transcribed Parts from Inexact Transcribed Corpus
Kengo Ohta, Masatoshi Tsuchiya, Seiichi Nakagawa
Proceedings of the Automatic Speech Recognition and Understanding Workshop, pp.541-546 (2011)

[5] Multi Class-based n-gram Language Model for New Words Using Web Data
Welly Naptali, Tsuchiya Masatoshi, Seiichi Nakagawa
Processing of The 11th WSEAS International Conference on Multimedia Systems & Signal Processing, pp.275-282 (2011)

[6] Automatic Detection of Edited Parts in Inexact Transcribed Corpora Based on Alignment between Edited Transcription and Corresponding Utterance
Kengo Ohta, Tsuchiya Masatoshi, Seiichi Nakagawa
Processing of The 11th WSEAS International Conference on Multimedia Systems & Signal Processing (2011)

[7] Topic Dependent Class Based Language Model Evaluation on Automatic Speech Recognition
Welly Naptali, Tsuchiya Masatoshi, Seiichi Nakagawa
Proceedings of Spoken Language Technology 2010, pp.383-388 (2010)

[8] Integration of a Cache-based Model and Topic Dependent Class Model with Soft Clustering and Soft Voting
Welly Naptali, Tsuchiya Masatoshi, Seiichi Nakagawa
Proceedings of Interspeech2010, pp.2430-2433 (2010)

[9] Construction and Analysis of Corpus of Japanese Classroom Lecture Speech Contents
Masatoshi Tsuchiya, Satoru Kogure, Hiromitsu Nishizaki, Kazumasa Yamamoto, Seiichi Nakagawa
Proceedings of APSIPA2009, pp.344-349 (2009)

[10] Effective use of pause information in language modelling for speech recognition
Kengo Ohta, Tsuchiya Masatoshi, Seiichi Nakagawa
Proceedings of Interspeech2009, pp.2691-2694 (2009)

[11] Topic Dependent Language Model based on Topic Voting on Noun History
Welly Naptali, Tsuchiya Masatoshi, Seiichi Nakagawa
Proceedings of Interspeech2009, pp.2683-2686 (2009)

[12] Analysis and Robust Extraction of Changing Named Entities
Masatoshi Tsuchiya, Shoko Endo, Seiichi Nakagawa
Proc. of the 2009 Named Entities Workshop (ACL-IJCNLP-2009 Workshop), pp.161-167 (2009)

[13] Language Model Based on Word Order Sensitive Matrix Representation in Latent Semantic Analysis for Speech Recognition
Welly Naptali, Masatoshi Tsuchiya, Seiichi Nakagawa
Proc. of 2009 World Congress on Computer Science and Information Engineering, pp.252-256 (2009)

[14] Context Dependent Class Language Model based on Word Co-occurrence Matrix in LSA Framework for Speech Recognition
Welly Naptali, Masatoshi Tsuchiya, Nakagawa Seiichi
Proc. of the 8th WSEAS International Conference on Applied Computer Science (ACS'08), pp.275-280 (2008)

[15] Speech Recognition Performance of CJLC: Corpus of Japanese Lecture Contents
Satoru Kogure, Hiromitsu Nishizaki, Masatoshi Tsuchiya, Kazumasa Yamamoto, Shingo Togashi, Seiichi Nakagawa
Proceedings of Interspeech2008, pp.1554-1557 (2008)

[16] Evaluating Spoken Language Model Based on Filler Prediction Model in Speech Recognition
Kengo Ohta, Masatoshi Tsuchiya, Seiichi Nakagawa
Proceedings of Interspeech2008, pp.1558-1561 (2008)

[17] Robust Extraction of Named Entity Including Unfamiliar Word
Masatoshi Tsuchiya, Shinya Hida, Seiichi Nakagawa
Proceedings of ACL-08: HLT, Short Papers, pp.125-128 (2008)

[18] Developing Corpus of Japanese Classroom Lecture Speech Contents
Masatoshi Tsuchiya, Satoru Kogure, Hiromitsu Nishizaki, Kengo Ohta, Seiichi Nakagawa
Proceedings of the Sixth International Language Resources and Evaluation (LREC'08) (2008)

[19] Chunking and Dependency Analysis of Japanese Compound Functional Expressions by Machine Learning
Takehito Utsuro, Takao Shime, Masatoshi Tsuchiya, Suguru Matsuyoshi, Satoshi Sato
Proceedings of the 7th China Japan Natural Language Processing Joint Research Promotion Conference (2007)

[20] Construction of Spoken Language Model Including Fillers Using Filler Prediction Model
Kengo Ohta, Masatoshi Tsuchiya, Seiichi Nakagawa
Proceedings of Interspeech2007, pp.1489-1492 (2007)

[21] Proposal for Three New Features in the Japanese Reading Tutorial System
Yoshiko Kawamura, Joyce Maeda, Takehito Utsuro, Yuriko Sunakawa, Masatoshi Tsuchiya
The Proceedings of The Fourth International Conference On Computer Assisted Systems For Teaching & Learning Japanese (CASTEL-J '07), pp.37-40 (2007)

[22] Learning Dependency Relations of Japanese Compound Functional Expressions
Takehito Utsuro, Takao Shime, Masatoshi Tsuchiya, Suguru Matsuyoshi, Satoshi Sato
Proceedings of the Workshop on A Broader Perspective on Multiword Expressions (ACL-2007 Workshop), pp.65-72 (2007)

[23] Expanding Indonesian-Japanese Small Translation Dictionary Using a Pivot Language
Masatoshi Tsuchiya, Ayu Purwarianti, Toshiyuki Wakita, Seiichi Nakagawa
Proceedings of the 45th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics Companion Volume Proceedings of the Demo and Poster Sessions, pp.197-200 (2007)

[24] A Machine Learning Approach for Indonesian Question Answering System
Ayu Purwarianti, Masatoshi Tsuchiya, Siichi Nakagawa
Proceedings of the IASTED International Conference on Artificial Intelligence and Application (AIA 2007), pp.537-542 (2007)

[25] Indonesian-Japanese CLIR Using Only Limited Resource
Ayu Purwarianti, Masatoshi Tsuchiya, Seiichi Nakagawa
Proceedings of COLING/ACL 2006 Workshop on How Can Computational Linguistics Improve Information Retrieval, pp.1-8 (2006)

[26] Chunking Japanese Compound Functional Expressions by Machine Learning
Masatoshi Tsuchiya, Takao Shime, Toshihiro Takagi, Takehito Utsuro, Kiyotaka Uchimoto, Suguru Matsuyoshi, Satoshi Sato, Seiichi Nakagawa
Proceedings of the Workshop on Multi-word-expressions in a Multilingual Context (EACL2006-MWE), pp.25-32 (2006)

[27] Query Transitive Translation Using IR Score for Indonesian-Japanese CLIR
Ayu Purwarianti,Masatoshi Tsuchiya,Seiichi Nakagawa
Proceedings of the Second Asia Information Retrieval Symposium (AIRS2005), pp.565-570 (2005)

[28] A Corpus for Classifying Usages of Japanese Compound Functional Expressions
Masatoshi Tsuchiya, Takehito Utsuro, Suguru Matsuyoshi, Satoshi Sato, Seiichi Nakagawa
Proceedings of the Conference Pacific Association for Computational Linguistics (PACLING2005), pp.345-350 (2005)

[29] Automatic Detection of Grammar Elements that Decrease Readability
Masatoshi Tsuchiya, Satoshi Sato
Proceedings of the 41st Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics (ACL2003) Poster Session, pp.189-192 (2003)

[30] Discovery of Definition Patterns by Compressing Dictionary Sentences
Masatoshi Tsuchiya, Sadao Kurohashi, Satoshi Sato
Proceedings of the 6th Natural Language Processing Pacific Rim Symposium (NLPRS2001), pp.411-418 (2001)

[31] Automatic Discovery of Definition Patterns Based on the MDL Principle
Masatoshi Tsuchiya, Sadao Kurohashi
Proceedings of Second International Conference on Discovery Science (DS '99), pp.364-365 (1999)

解説論文

[1] 音声に含まれるプライバシ情報の保護
中川 聖一, 山本 一公, 土屋 雅稔
人工知能学会誌, Vol.24, No.2, pp.190-195 (2009)

研究会・全国大会

[1] 代表・派生関係を利用した日本語機能表現の解析方式の評価
鈴木 敬文, 阿部 佑亮, 宇津呂 武仁, 松吉 俊, 土屋 雅稔
言語処理学会第18回年次大会発表論文集 (2012)

[2] 『現代日本語書き言葉均衡コーパス』における複合辞の検出と評価
鈴木 敬文, 阿部 佑亮, 宇津呂 武仁, 松吉 俊, 土屋 雅稔
コーパス日本語学ワークショップ (2012)

[3] 整形された書き起こしからの整形・非整形部分の自動検出
太田 健吾, 土屋 雅稔, 中川 聖一
第6回音声ドキュメント処理ワークショップ講演論文集 (2012)

[4] Shibboleth・CAS連携による東海アカデミッククラウド認証基盤の構築
梶田 将司, 齋藤 彰一, 土屋 雅稔, 山本 大介, 鈴木 常彦, 山口 由紀子, 長谷川 孝博, 長谷川 明生, 田中 昌二, 内田 裕市, 三橋 一郎, 太田 義勝, 高倉 弘喜, 松尾啓志
電子情報通信学会技術研究報告(インターネットアーキテクチャ), Vol.111, No.321, pp.49-53 (2011)

[5] 管理者が安全に交替できる学内ホスティングサービスの開発
土屋 雅稔
電子情報通信学会技術研究報告(インターネットアーキテクチャ), Vol.111, No.321, pp.43-48 (2011)

[6] 大規模階層辞書と用例を用いた日本語機能表現の解析
鈴木 敬文, 阿部 佑亮, 宇津呂 武仁, 松吉 俊, 土屋 雅稔
『現代日本語書き言葉均衡コーパス』完成記念講演会 (2011)

[7] Class-based n-gram Language Model for Out-of-Vocabulary Words
Welly Naptali, Tsuchiya Masatoshi, Seiichi Nakagawa
日本音響学会2011年春季研究発表会講演論文集 (2011)

[8] Modelling Out-of-Vocabulary Words using Multi Class-based n-gram Language Model for Automatic Speech Recognition
Welly Naptali, Tsuchiya Masatoshi, Seiichi Nakagawa
第5回音声ドキュメント処理ワークショップ講演論文集 (2011)

[9] 整形された会議録とその原音声のアラインメントに基づく整形箇所の自動検出
太田 健吾, 土屋 雅稔, 中川 聖一
第5回音声ドキュメント処理ワークショップ講演論文集 (2011)

[10] 代表・派生関係および用例を利用した日本語機能表現の解析
鈴木 敬文, 宇津呂 武仁, 松吉 俊, 土屋 雅稔
言語処理学会第17回年次大会発表論文集, pp.155-158 (2011)

[11] 大規模コーパスを用いた固有表現抽出手法の検討
南 和江, 藤井 康寿, 土屋 雅稔, 中川 聖一
言語処理学会第17回年次大会発表論文集, pp.328-331 (2011)

[12] 自然言語処理における日本語機能表現の解析
宇津呂 武仁, 松吉 俊, 土屋 雅稔, 鈴木 敬文, 島内 蘭
語彙・辞書研究会第38回研究会, pp.1-8 (2010)

[13] 代表・派生関係を利用した日本語機能表現の解析
鈴木 敬文, 宇津呂 武仁, 松吉 俊, 土屋 雅稔
情報処理学会研究報告(2010-NL199-6), pp.1-9 (2010)

[14] 代表・派生関係を利用した日本語機能表現の解析
鈴木 敬文, 宇津呂 武仁, 松吉 俊, 土屋 雅稔
情報処理学会研究報告(2010-NL199-6), pp.1-9 (2010)

[15] Topic Dependent Class Language Model in Japanese Automatic Speech Recognition
Welly Naptali, Tsuchiya Masatoshi, Seiichi Nakagawa
日本音響学会2010年秋季研究発表会講演論文集, pp.149-150 (2010)

[16] 階層的機能表現辞書に基づく日本語機能表現の分析と検出
長坂 泰治, 宇津呂 武仁, 松吉 俊, 土屋 雅稔
言語処理学会第16回年次大会発表論文集, pp.970-973 (2010)

[17] プライバシ保護のための音声中の人名除去手法の検討
土屋 雅稔, 遠藤 翔子, 藤井 康寿, 中川 聖一
言語処理学会第16回年次大会発表論文集, pp.595-598 (2010)

[18] Integration of Topic Dependent Class Language Model and Cache-based Unigram Scaling
Welly Naptali, Tsuchiya Masatoshi, Seiichi Nakagawa
第4回音声ドキュメント処理ワークショップ講演論文集, pp.1-7 (2010)

[19] 平成21年度研究進捗状況報告:日本語機能表現班大規模階層辞書を用いた日本語機能表現解析体系の研究
宇津呂 武仁, 長坂 泰治, 坂本 明子, 松吉 俊, 土屋 雅稔
特定領域研究「日本語コーパス」平成21年度全体会議予稿集, pp.67-74 (2009)

[20] 大規模階層辞書および新聞記事コーパスを用いた日本語機能表現の用法分析
長坂 泰治, 坂本 明子, 宇津呂 武仁, 森下 洋平, 松吉 俊, 土屋 雅稔
特定領域研究「日本語コーパス」平成21年度全体会議 (2009)

[21] 階層的機能表現辞書に基づく新聞記事中の機能表現の調査・分析
長坂 泰治, 坂本 明子, 宇津呂 武仁, 森下 洋平, 松吉 俊, 土屋 雅稔
NLP若手の会 (2009)

[22] 認証基盤と連携した学内メールホスティング環境の構築
土屋 雅稔
情報処理学会研究報告(2009-IOT-7), No.3, pp.1-6 (2009)

[23] 音声認識用言語モデルにおけるポーズ情報の有効利用
太田健吾, 土屋雅稔, 中川聖一
日本音響学会2009年春季研究発表会講演論文集 (2009)

[24] Class-based Language Model for OOV by Utilizing Web Data
Welly Naptali, Masatoshi Tsuchiya, Nakagawa Seiichi
日本音響学会2009年春季研究発表会講演論文集, pp.233-234 (2009)

[25] 固有表現の経年変化と頑健な抽出
遠藤 翔子, 土屋 雅稔, 中川 聖一
言語処理学会第15回年次大会発表論文集, pp.16-19 (2009)

[26] 大規模階層辞書を利用した日本語機能表現の集約と解析
長坂 泰治, 宇津呂 武仁, 松吉 俊, 土屋 雅稔
言語処理学会第15回年次大会発表論文集, pp.328-331 (2009)

[27] 音声認識言語モデルにおけるポーズ情報の扱いに関する検討
太田 健吾, 土屋 雅稔, 中川 聖一
第3回音声ドキュメント処理ワークショップ講演論文集, pp.77-82 (2009)

[28] Topic Dependent Language Model based on Clustering of Noun Word History
Welly Naptali, Masatoshi Tsuchiya, Nakagawa Seiichi
第3回音声ドキュメント処理ワークショップ講演論文集, pp.71-76 (2009)

[29] センサーネットワークにおける音情報の扱いとそのプライバシ保護に関する検討
山本 一公, 土屋 雅稔, 中川 聖一
日本音響学会2008年秋季研究発表会講演論文集 (2008)

[30] 国会答弁の音声認識の検討
太田 健吾, 張 健, 土屋 雅稔, 山本 一公, 中川 聖一
平成20年度電気関係学会東海支部連合大会予稿集 (2008)

[31] 非頻出語に対して頑健な日本語固有表現の抽出
土屋 雅稔, 肥田 新也, 中川 聖一
情報処理学会研究報告(2008-NL-46), pp.1-6 (2008)

[32] 大規模日本語機能表現辞書の階層性を利用した機能表現検出
長坂 泰治, 宇津呂 武仁, 土屋 雅稔
言語処理学会第14回年次大会発表論文集, pp.837-840 (2008)

[33] フィラー予測モデルを用いた話し言葉言語モデルの音声認識による評価
太田 健吾, 土屋 雅稔, 中川 聖一
第2回音声ドキュメント処理ワークショップ講演論文集, pp.1-6 (2008)

[34] 日本語講義音声コンテンツコーパスの構築と講義音声認識手法の検討
小暮 悟, 西崎 博光, 土屋 雅稔, 富樫 慎吾, 山本 一公, 中川 聖一
第2回音声ドキュメント処理ワークショップ講演論文集, pp.7-14 (2008)

[35] Word and Class Dependency of N-gram Language Model
Welly NAPTALI, Masatoshi TSUCHIYA, Seiichi NAKAGAWA
IEICE Technnical Report, Vol.NLC2007-62, SP2007-125, pp.173-176 (2007)

[36] A transitive translation for Indonesian-Japanese CLQA
Ayu Purwarianti, Masatoshi Tsuchiya, Seiichi Nakagawa
情報処理学会研究報告(2007-NL-182), pp.93-100 (2007)

[37] 日本語講義コンテンツコーパスの構築と分析
小暮 悟, 西崎 博光, 山本 一公, 土屋 雅稔, 中川 聖一
日本音響学会2007年秋季研究発表会講演論文集, pp.13-16 (2007)

[38] Context Dependent Class Language Model Based on LSA
Welly NAPTALI, Masatoshi TSUCHIYA, Seiichi NAKAGAWA
FIT2007(第6回情報科学技術フォーラム) (2007)

[39] フィラーの書き起こしのないコーパスからのフィラー付き言語モデルの構築
太田 健吾, 土屋 雅稔, 中川 聖一
情報処理学会研究報告(2007-SLP-67), pp.1-6 (2007)

[40] フィラーの挿入モデルを用いた話し言葉の言語モデルの構築
太田 健吾, 土屋 雅稔, 中川 聖一
日本音響学会2007年春期研究発表会講演論文集 (2007)

[41] 機能表現を考慮した日本語係り受け解析器学習のためのコーパス作成
土屋 雅稔, 注連 隆夫, 松吉 俊, 宇津呂 武仁, 佐藤 理史, 中川 聖一
言語処理学会第13回年次大会発表論文集, pp.510-513 (2007)

[42] 機械学習を用いた日本語機能表現のチャンキングおよび係り受け解析
注連 隆夫, 土屋 雅稔, 松吉 俊, 宇津呂 武仁, 佐藤 理史
言語処理学会第13回年次大会発表論文集, pp.514-517 (2007)

[43] Indonesian-English Cross Lingual Question Answering
Ayu Purwarianti, Masatoshi Tsuchiya, Seiichi Nakagawa
Proceedings of the 13th Annual Meeting of the Association for Natural Language Processing, pp.1172-1175 (2007)

[44] 講義コンテンツの収集・分析および講義音声の認識手法に関する検討
小暮 悟, 西崎 博光, 土屋 雅稔, 中川 聖一
第1回音声ドキュメント処理ワークショップ講演論文集, pp.1-8 (2007)

[45] フィラー予測モデルに基づくフィラー付き言語モデルの構築
土屋 雅稔, 太田 健吾, 中川 聖一
第1回音声ドキュメント処理ワークショップ講演論文集, pp.81-88 (2007)

[46] 機能表現を考慮した統計的日本語係り受け解析
注連 隆夫, 土屋 雅稔, 松吉 俊, 宇津呂 武仁, 佐藤 理史
情報処理学会研究報告(2007-NL-177), pp.63-70 (2007)

[47] 講義・講演音声におけるフィラー,言い淀み,倒置の発生頻度の分析
太田 健吾, 土屋 雅稔, 中川 聖一
日本音響学会2006年秋季研究発表会講演論文集 (2006)

[48] 日本語複合辞用例データベースの作成
土屋 雅稔, 松吉 俊, 宇津呂 武仁, 佐藤 理史, 中川 聖一
言語処理学会第12回年次大会, pp.735-738 (2006)

[49] 機械学習を用いた日本語機能表現のチャンキング
高木 俊宏, 注連 隆夫, 土屋 雅稔, 内元 清貴, 松吉 俊, 宇津呂 武仁, 佐藤 理史
言語処理学会第12回年次大会, pp.739-742 (2006)

[50] Estimation of Question Types for Indonesian Question Sentence
Ayu Purwarianti, Masatoshi Tsuchiya, Seiichi Nakagawa
言語処理学会第12回年次大会, pp.344-347 (2006)

[51] 中間言語を用いたインドネシア語-日本語対訳辞書の拡充
脇田敏行, 土屋雅稔, 中川聖一
言語処理学会第12回年次大会, pp.692-695 (2006)

[52] 機械学習を用いた日本語複合辞のチャンキング
注連 隆夫,内元 清貴,土屋 雅稔,高木 俊宏,宇津呂 武仁,佐藤 理史,井佐原 均
情報処理学会研究報告(2005-NL-117), pp.135-142 (2005)

[53] 日本語機能表現用例コーパスの作成
土屋 雅稔, 松吉 俊, 宇津呂 武仁, 佐藤 理史, 中川 聖一
言語処理学会第11回年次大会, pp.986-989 (2005)

[54] 形態素情報を用いた日本語機能表現の検出
土屋 雅稔, 佐藤 理史, 宇津呂 武仁, 中川 聖一
言語処理学会第11回年次大会, pp.584-587 (2005)

[55] Query Translation from Indonesian to Japanese Using English as Pivot Language
Ayu Purwarianti,Masatoshi Tsuchiya,Seiichi Nakagawa
言語処理学会第11回年次大会, pp.580-583 (2005)

[56] ウェブからの関連語収集手法を用いた専門用語の訳語推定
日野 浩平,佐々木 靖弘,宇津呂 武仁,土屋 雅稔,中川 聖一,佐藤 理史
言語処理学会第11回年次大会, pp.21-24 (2005)

[57] 機能表現言い換えデータからの言い換え規則の自動生成
土屋 雅稔, 佐藤 理史, 宇津呂 武仁
言語処理学会第10回年次大会, pp.492-495 (2004)

[58] 文法の規格とその自動判定
土屋 雅稔,佐藤 理史
言語処理学会第9回年次大会, pp.89-92 (2003)

[59] 語彙の規格化とそれに基づく用言の言い換え支援
村山 賢洋,麻岡 正洋,土屋 雅稔,佐藤 理史
言語処理学会第9回年次大会, pp.85-88 (2003)

[60] 日本語文の規格化
佐藤 理史,土屋 雅稔,村山 賢洋,麻岡 正洋,王 晴晴
情報処理学会研究報告(2003-NL-153), pp.133-140 (2003)

[61] MDL原理に基づく辞書定義文の圧縮と共通性の発見
土屋 雅稔, 黒橋 禎夫
情報処理学会研究報告(2000-NL-140), pp.47-54 (2000)

[62] 確率的モデルによる仮名漢字変換
森 信介, 土屋 雅稔, 山地 治, 長尾 真
情報処理学会研究報告(98-NL-125), pp.93-99 (1998)